お供え花を贈る際の注意点

よくあるQ&A

今回はお供えの花を贈る際の、疑問や質問にお答えします。

お供え花といっても、贈る日により色合いなどが変わってきます。

〈ご葬儀前に贈る場合〉

お亡くなりになった方が、葬儀までの間ご自宅で過ごされる際に飾る花を枕花といいます。

ご葬儀前にご自宅にお悔やみに伺う際に持参する花です。

ご遺族の方が忙しくされているかと思いますので、手間のかからないアレンジメントが好ましいです。

基本的には白基調のものを贈ります。

枕元に飾る花ですので、3,000円から5,000円程度で充分です。

白い花であれば、基本的に種類はどんな花でも大丈夫です。

ただし、バラやアザミのようにトゲのある花や、彼岸花のように毒のある花は避けましょう。

〈お通夜・ご葬儀に贈る花〉

以前はお通夜はご自宅で行われる事が多く、その際にお供え花を持参することも多かったのですが、近年ではお通夜、ご葬儀ともに葬儀場や会館で行われる事が多くなりました。

葬儀場では、提携している花屋がある場合がほとんどですので、お供え花の持ち込みをお断りしている場合もありす。

葬儀場に花を持参する場合は、会場にあらかじめ問い合わせるか、直接葬儀場にスタンド花として注文する事をおすすめします。

この際、一基なのか一対なのか、また色合いなど地域によって異なる事がありますので、葬儀場にて相談してください。

〈49日までに贈る花〉

49日までは白基調のアレンジメントがおすすめです。法要の当日は慌ただしいので、法要の日の前日にお届けすることをおすすめします。

〈年忌法要に贈る花〉

年忌法要に贈る花は、白以外に淡い色目の花が入っても大丈夫です。

この際もご遺族の方の手間をかけさせないよう、アレンジメントがおすすめです。

また、年忌法要では弔事用の胡蝶蘭などの鉢物もお贈り頂けます。

オフィスのお花やお祝いのお花(配達)など
お気軽にご相談ください。

HANA竹屋

HANA竹屋

HANA竹屋(本社:各務原市)は、SHARA(岐阜市)、サリューフラワー(関市)という2つの花屋を運営。一般企業の受付・オフィス・会議室に飾るお花、お店のショールームやディスプレイ用のお花、病院、クリニック、サロンなどに飾るお花など法人の皆様からも多くご相談を頂いております。もちろん、開店・開業祝いなどのお祝い花の配達も承っています。

関連記事

特集記事

最近の記事

  1. 敬老の日のプレゼントに

  2. 楽天市場 ショップ開設のお知らせ

  3. 大人気❣️ケーキトッパー

  4. プリザーブドフラワー スクエア

  5. プリザーブドフラワー フレーム

HANA竹屋

HANA竹屋

HANA竹屋(本社:各務原市)は、SHARA(岐阜市)、サリューフラワー(関市)の2店舗を運営。一般企業の受付やオフィスに飾るお花、お店のショールームやディスプレイ用のお花、病院・クリニック・サロンなどに飾るお花など法人の皆様からも多くご相談を頂いております。 もちろん、開店・開業祝いなどのお祝い花の配達も承っています。お気軽にご相談ください。

TOP